仙台市消防機器事業共同組合 仙台市消防機器事業共同組合
組合概要
組合員リスト
事業案内
消火器Q&A
TOPに戻る
もしもの時に役に立つ!!防災用品
住宅用火災警報器を設置しましょう
不用になった消火器の処理方法は?
 
住宅火災警報器
 


2016 年は新築住宅への住宅用火災警報器の設置が義務化さ れてから10 年が経過します。住宅用火災警報器はお住まい の方の命を守る大事な防災機器です。その住宅用火災警報器 は一定期間で交換が必要だということをご存知でしょうか?

  • 改正消防法で義務化された平成18年に設置した住宅用火災警報器は購入から10年が経過します。
  • 住宅用火災警報器の電池寿命は約10年。各メーカー、一般社団法人日本火災報知機工業会では電池交換よりも機器の交換を推奨しています。
  • 電子部品の劣化、汚れなどでの目詰りなどで火災警報器の機能の低下や正しく動作しないリスクが高まります。












 

仙台市消防機器事業協同組合

〒984-0015 仙台市若林区卸町1-6-6 (株式会社櫻井防災内)
TEL:022-354-0336 FAX:022-354-0337

Copyrigh(C)2006 S.K.J. All rights reserved.